おうちラボ

知育、モンテ、自宅学習、絵本

お医者さんごっこで、病院で泣かなくなった話。

知育、おうちモンテ、家庭学習をしている よるねこです。

 

先日、家族全員でインフルエンザの予防接種を打ってきました。事前に息子にも「この日は注射を打つ日だよ」と伝えていました。「誰が泣くかな?」なんて話していましたが、当日は泣くことなく、先生にも「おっ!強いね〜!」と言われながら無事に注射を終えました。終わった後は「痛くなかった!」なんて強がっていました。(家に帰ると「痛かった」と言ってました。笑)

 

f:id:lifehabit:20211024155539j:image

息子が病院で泣かなくなったのは3歳になった頃からでした。その頃、ブームだったのがお医者さんごっこでした。紐を聴診器に見立てて、ぬいぐるみや親のお腹や背中に当てたり、注射をしてシールを貼る真似もしていました。

 

↓あまりに毎日お医者さんごっこをするので、これを買ってあげようかと思いました。

Klein クライン社 ドクターバッグ おもちゃ 知育玩具 こども 男の子 女の子 海外 3歳以上 おすすめ プレゼント 誕生日 ごっこ遊び ドクターセット 聴診器 注射器 おうち時間 ラッピング

 

息子は注射とベッドに横になってお腹を触られるのが苦手でした。なのでごっこ遊びにその流れを取り入れることで、平気になり、事前に「病院に行くよ〜」と言っても嫌がることなく行くようになりました。

 

お医者さんごっこブームは3ヶ月くらい続きました。何か苦手なものがある時は、ごっこ遊びに取り入れるのも一つの手だなと思いました。繰り返すことで流れを事前に把握して安心出来るのかなと思います!