おうちラボ

知育、モンテ、自宅学習、絵本

図書館を知育に最大限に活かす方法

知育、おうちモンテ、家庭学習をしている よるねこです。

 

図書館をどれくらい利用していますか?我が家は月に数回利用していて、1回ごとに15〜20冊の絵本を借りています。

f:id:lifehabit:20210924094428j:image

 

読んだ絵本は「ブグログ」というアプリに登録しています。ちゃんと使い始めたのが1年前で、途中つわりで2ヶ月空白の期間がありますが、もうすぐ500冊に到達します。息子がすごく気に入った絵本は購入しますが、500冊も絵本を買えないので本当にありがたいです。

f:id:lifehabit:20210924094439j:image

 

絵本はただ楽しむだけで知育効果は抜群だと実感しています。それに絵本を読むと息子はとても嬉しそうにしてくれます。もうお膝に乗せて…というのはなくなりましたが、ちょこんと乗っていた姿はとても可愛かったです。

 

そんな絵本を借りれる図書館を最大限に活かすためにやっていることがあります。それは絵本のリサーチと予約です。当たり前のことかもしれませんが、結構時間をとられる作業で大事です。

 

有名な絵本は知っているけど、限界がありますよね。でもせっかくなら評判のいい絵本を読んであげたいので、リサーチは必須です。1番お手軽なのは「くもんのすいせん図書一覧表」を見ることです。毎年出ていますが、基本的に大きく変わっていません。私はプリントして借りたものにはマーカーをひいています。

f:id:lifehabit:20210924095735j:image

(ちなみに5A〜2A乳・幼児、A〜C低学年、D〜F高学年、G〜I中学以上)

→くもんのすいせん図書一覧表https://www.kumon.ne.jp/dokusho/pdf/suisen.pdf

 

気に入ったものはシリーズ化されていたら、他のも借りています。おばけのバーバパパやバムとケロのシリーズが息子の最近のお気に入りです。

 

他にも本屋さんで置いてある無料の絵本紹介の冊子を持って帰ったりして参考にしています。

f:id:lifehabit:20210924095812j:image

 

また事前に借りる絵本を決めて予約しておくのがおすすめです。人気の絵本は図書館には並ばずに予約している人の所を移動していくだけなので、予約しないと借りることができない可能性があります。

 

あと行事の絵本・季節の絵本は1ヶ月前からチェックしておくのも大事です。クリスマスなどの行事の絵本、桜などの季節の絵本はその時期にはみんな借りられています。1冊は借りたいので、1ヶ月前に一度チェックして、予約状況を見ます。予約がたくさんだとそのタイミングで予約したり、他の絵本を探したりします。10月は運動会とハロウィンの絵本を借りる予定です。

f:id:lifehabit:20210924095824j:image

↑この絵本はZ会でオススメされていたので借りたのですが、運動会の準備をするお話でした。

 

行事の絵本や季節の絵本はやっぱりタイムリーに読むのが1番です。実体験と直結して、記憶に残りやすいです。

 

私はこんな感じでリサーチ→予約を繰り返しています。でも予約だけではなくて、図書館で子どもに一冊は選んでもらうことも必ずしています。コロナ禍で図書館に連れて行けない時もありますが、なるべく一緒に図書館に行って一冊は選んでもらいます。自分で選んだ絵本は嬉しそうに読むし、図書館=楽しい場所と認識してくれて、大きくなってもずっと図書館に通う習慣がついたらいいなと思います。

 

こんな感じで我が家はリサーチと予約をして、たくさん絵本を読んでいます。